雑誌『日本』は、日本の心と歴史を語り、日本のあり方を考える月刊誌です

〔一般財団法人 日本学協会 発行〕

★今月は、青字の論稿を全文WEBに公開していますのでクリックしてお読み下さい。

雑誌『日本』令和元年 7月号

ー目   次ー

巻頭言
楠公を祭る(続)―大楠公六百年記念(昭和十年)
―明治維新に再び貢献された楠公― ……………………………………………平泉 澄
今月の課題 戦ってでも守りたいものはないのか
―丸山議員の戦争発言に端を発した報道の問題点 ……………………………葛城奈海
「令和」の言葉と改元の受容……………………………………………………… 若井勲夫
民主主義を腐食する第四権力の報道を考える ……………………………………齋藤   仁
水戸藩の生んだ東洋一の外科医
男爵   佐藤進   博士の面影 ………………………………………………………仲田昭一
吉田松陰先生に学ぶ~「獄中の講義」から……………………… 『講孟劄記』を読む会
なぜいつも走っているの?…………………………………ヌル バリアビンティバイルラ
明治維新は四つの段階を経て成就 …………………………………………………折戸善彦
講談 歌で綴る日本の歩み(七) ― 日本流行歌の黎明  ………………………桜林美佐
新刊紹介 『昭和天皇の大御歌 ― 一首に込められた深き想い』  ……………松村太樹
千早鍛錬会のご案内 ……………………………………………………………… 事  務 局
七月号巻頭言「老い」解説 ……………………………………………………… 市村真一