雑誌『日本』は、日本の心と歴史を語り、日本のあり方を考える月刊誌です

〔一般財団法人 日本学協会 発行〕

★今月は、青字の論稿を全文WEBに公開していますのでクリックしてお読み下さい。

雑誌『日本』令和元年 6月号

ー目   次ー

巻頭言
楠公を祭る ― 大楠公六百年記念(昭和十年)― 建武中興、第一の功臣 ― … 平泉 澄
今月の課題  新元号「令和」誕生の画期的な意義……………………………… 所   功
世界が注目する渋沢栄一の「道徳経済合一説」…………………………………… 渡邊 毅
『論語』に学ぶ ― 「知の至り」への道すぢ ― ………………………………… 小松宏起
「日本の都」再考……………………………………………………………………… 山本直人
浅見絅斎『靖献遺言』― 文天祥「正気の歌」 ― ………………………………… 関口継史
祖父母が学んだ修身教科書…………………………………………………………… 小室 衛
講談 歌で綴る日本の歩み(六)― 日本流行歌の黎明 ― ……………………… 桜林美佐
憲法問題メール情報(抄)
新刊紹介 ⻆鹿尚計著『由利公正― 万機公論に決し、私に論ずるなかれ ―』 三輪尚信
六月号巻頭言「楠子論」解説………………………………………………………… 市村真一