2020年08月一覧

令和2年8月号目次

■巻頭言■日本書紀解題(上))― 国体の特性、皇室の尊厳を知るため、必読の書 ―/平泉 澄■今月の課題 「戦後七十五年」を迎えて/ 仲田昭一■子育て文化の危機と再発見(下)―「日本を取り戻す」 /髙橋史朗 ■をちこち便り・『やまびこ九州青々』/夏秋正文 ■あまりにも知られていない自衛隊の実態 /桜林美佐…

巻頭言

敗戦後七十五年たつても、尺寸の地も動かず、一文字も変へられぬのが、北方領土と日本国憲法である。 敗戦の日、涙して祖国再建を誓つた青年の一人として、憲法も改正して欲しいし、北方領土も全部返還して欲しい。憲法は、他人事でなく誰よりも国民自身の問題であるから、しばらく措(お)くとして、領土にはロシア相手の交渉があり、既に重ねられた。 …

あまりにも知られていない自衛隊の実態

新型コロナウイルスの流行で世界が未曽有の危機に直面している今、自衛隊のあり方について改めて確認しておく必要があると感じます。 新型コロナ対応で自衛隊も災害派遣で出動し、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号での生活支援や、患者の搬送、そして帰国する米国、イギリス、イタリアなどの外国人を羽田空港まで輸送するなどの活動をしました。

絵物語・橋本景岳

景岳は吉田東篁(とうこう)先生の塾に通っている十五歳の頃に、自分の胸の内を文章に書き留めました。後に「啓発録(けいはつろく)」として世に残る大変な名著なのですが、こっそり書いて隠すようにしまっておきました。本人は覚書のようなつもりで書いたのですごいものを書いたという自覚はなかったようです。