2020年10月一覧

令和2年10月号目次

■巻頭言■非常時に顧みる必勝の道(一)― 大東亜戦争と密接なる古人の話 ―/平泉 澄■今月の課題 新型コロナウイルスの蔓延と日本社会 / 今岡日出紀■江戸時代の実像   ― 実は発展していた日本近世 ― /小野公三■『先哲を仰ぐ』(四訂版)解説(下)/市村真一 ■読みやすさと漢字の含有率(下)/大喜多俊一…

巻頭言

今月は、九月号巻頭言、ポンペオ米国務長官の対中挑戦状の紹介の補論である。冷戦の始終は、北鮮の南侵とベルリンの壁の打ち壊しで世界周知だが、その前史、途中経過、幕引、後の波紋も含め、後者への戒めになる。紹介した挿話は、途中の左翼学者、言論人の“昏迷”の一端を示す。

「回天」って何ですか

「回天」とは、今から八十年程前の大東亜戦争末期に採用された海の特攻兵器です。 それは全長十四・七㍍、胴体の太さ一㍍、重さ八㌧ほどの一人乗りのミニ潜水艦で、先頭部分に一・五㌧の火薬を詰めていました。それを人が操縦し、敵艦に体当たりして沈めるため、「回天」は「人間魚雷」とも呼ばれています。…

ご養蚕の伝統を受け継がれる皇后陛下

本年七月十日、皇后陛下は皇居内にある紅葉山御養蚕(ようさん)所で今年のご養蚕を終える「御養蚕納 (おさめ)の儀」に臨まれたことが、ニュースなどで報じられました。 「養蚕」とは蚕(かいこ)を育て、その蚕が作った繭(まゆ)から生糸(きいと)を作り出すことで、かつて我が国では重要な産業の一つでした。…