目次一覧

令和3年6月号目次

■巻頭言 ■非常時に顧みる必勝の道(九)=完― 百難恐るることなき勇気を得ん ―/平泉 澄 ■今月の課題 問題点の多い新高校教科書― ジェンダー導入と国語改革への懸念 ―/髙橋史朗 ■アメリカ民主党の歴史と今後の展望― バイデン新政権の発足にあたって ―/村上政俊 ■をちこち便り・「歴史唱歌」を配信中/中山エイ子

令和3年5月号目次

■巻頭言 ■非常時に顧みる必勝の道(八)― 万古不滅の光を放つ忠誠 ―/平泉 澄 ■今月の課題 欺瞞の改憲論議― 侵略に目を背ける緊急事態条項の提案 ―/慶野義雄 ■日本の青少年たちへ ― 自分史を書いてみませんか/渡辺利夫 ■平泉澄博士の人物論― 鎌倉北条氏・楠木正成・足利高氏 ―/濱田浩一郎

令和3年4月号目次

■巻頭言■非常時に顧みる必勝の道(七)― 道に拠つて進む美しい態度 ―/平泉 澄■今月の課題  国家の存亡と国民の道徳心― 米国大統領選の混乱に関する一断想 ― /渡邊 毅■東アジアの文明と日本  /宇山卓栄■― スチムソン・ドクトリンとルーズベルト ―/田村一二…

令和3年3月号目次

■巻頭言■非常時に顧みる必勝の道(六)― 将の、士を重んずる義を後世に伝へん ―/平泉 澄■今月の課題 デジタル教科書は漫画本並みで良いのか /宮地 忍■台湾海峡波高し― 中国共産党の脅威にどう対抗するか ― /宮崎貞行■知られざる尊皇思想継承の連携 ― 尾張藩と水戸藩 ―/坪内隆彦…

令和3年2月号目次

■巻頭言■非常時に顧みる必勝の道(五)― 不敗の術は道義によつて立つを必要とする ―/平泉 澄■今月の課題 日本学術会議の成立過程と科研費問題/髙橋史朗■ 最近の日韓問題― 新型コロナウイルス感染拡大の中で ―/宇山 博■大東亜戦争論(下)/岡本道雄・市村真一…

令和3年1月号目次

■巻頭言■ 非常時に顧みる必勝の道(四)― 直江山城守の軍法と『孫子』 ― /平泉 澄■今月の課題 令和三年の課題は、中国の脅威に対する正しい認識 / 永江太郎■ 覇権国家・中国の野望!― 香港・台湾・日本はどうなる、どうする ―/福島香織■大東亜戦争論(上)/岡本道雄・市村真一…

令和2年12月号目次

■巻頭言■ 非常時に顧みる必勝の道(三)― 大東亜戦争の問題は一朝一夕のことにあらず ― /平泉 澄■今月の課題 今月の課題 令和二年を汚染した武漢コロナウイルス― 中国共産党の黄昏か/ 永江太郎■ 三島事件五十年に寄せて/葛城奈海■三島由紀夫氏の遺したもの(下)/小松宏起…

令和2年11月号目次

■巻頭言■非常時に顧みる必勝の道(二)― 『新日本の図南の夢』 に見る諸外国との関係 ― /平泉 澄■今月の課題 今月の課題 新教科書に観る歴史教育の現状と課題/ 橋本秀雄■ 菅義偉新内閣の外交― 米中新冷戦において問われる日本の立ち位置 /村上政俊■二つの忠孝図 ― 楠正成の忠と平重盛の孝 ―/梶山孝夫…

令和2年10月号目次

■巻頭言■非常時に顧みる必勝の道(一)― 大東亜戦争と密接なる古人の話 ―/平泉 澄■今月の課題 新型コロナウイルスの蔓延と日本社会 / 今岡日出紀■江戸時代の実像   ― 実は発展していた日本近世 ― /小野公三■『先哲を仰ぐ』(四訂版)解説(下)/市村真一 ■読みやすさと漢字の含有率(下)/大喜多俊一…

令和2年9月号目次

■巻頭言■日本書紀解題(下)― 外国に対しては「日本紀」、国内では「ヤマトフミ」 ―/平泉 澄■今月の課題 新型コロナウイルスの世界的蔓延と日本の対応/ 夏秋正文■太平洋島嶼国をめぐる新たな米中対立 /村上政俊 ■『先哲を仰ぐ』(四訂版)解説(上)/市村真一 ■「論語知らず」の大学者― 吉川幸次郎氏の場合 ―/小谷惠造…