雑誌『日本』一覧

巻頭言

二十世紀の世界政治劇は、日露戦争で明けたが、敗れたロマノフ王朝はロシア革命で滅亡し、成立した共産主義政権ソ連も七十四年後に崩壊し、中東欧も離脱して、今やソ連圏は完全に消滅、一ロシア共和国を残すのみとなつた。

先人たちが学んだ日本の歴史(一)

国の歴史は、その国に生きた、また、生きる人々が紡(つむ)ぎ出す一すじの糸にたとえられます。その糸をよくみれば、絹糸のような美しくなめらかなところがあり、また、麻糸のように少しざらざらで、硬い手触りのところもあります。…

巻頭言

四年前の今月の巻頭言は、トランプ氏が米大統領に選出されて、米国の内政外交が自国優先に激変した時書いた。多くの読者は、“アメリカ、ファースト”と顔をゆがめて叫んだ彼を覚えてゐよう。私はそこに古きモンロー主義の影を見て、その矛盾を論じた。

大東亜戦争が始まった日

七十九年前の昭和十六年(一九四一)十二月八日は、南雲忠一(なぐもちゅういち)提督指揮する機動部隊(空母六隻基幹)がハワイ・オアフ島の真珠湾を奇襲攻撃した日、すなわち大東亜戦争の始まった日です。…

巻頭言

十一月三日は、子供の頃「明治節」であつた。明治は、遠い祖父達の時代と見えてゐたが、いま九十五歳の老翁になつて回顧すると、ついこの間のやうに感じる。なにしろ、明治はたつた四十五年、我が人生の半分にもならない。

巻頭言

今月は、九月号巻頭言、ポンペオ米国務長官の対中挑戦状の紹介の補論である。冷戦の始終は、北鮮の南侵とベルリンの壁の打ち壊しで世界周知だが、その前史、途中経過、幕引、後の波紋も含め、後者への戒めになる。紹介した挿話は、途中の左翼学者、言論人の“昏迷”の一端を示す。