祖父母が学んだ修身教科書(四)

但 野 正 房
茨城県立波崎高等学校教諭

「修身」の教科書に、日本で初めての全国実測地図「大日本沿海(えんかい)輿地(よち)全図」を作った伊能忠敬(いのうただたか)について、「勤勉」の手本として紹介されています。なお、本文は原文のままとし、常用漢字、現代仮名遣いに改め、適宜ルビ を付けました。

勤勉

伊能忠敬は上総(かずさ)に生まれ、十八歳の時下総(しもうさ) 佐原(さわら)村の伊能氏の家をつぎました。伊能氏は代々酒や醤油を造り、とちで評判の資産家でしたが、その頃は大分家は衰えていました。そこで忠敬は、どうかしてもとのようにしようと思って、一生けんめいに家業に励み、自分が先に立って倹約したので、家も次第に繁昌して、四十歳になる頃には、もとよりも豊(ゆたか)になりました。それで関東に二度も飢饉(ききん)があった時、二度とも金や米をたくさん出して、困っている人々を助けました。また公職について村のために尽(つく)しました。

五十歳になると家を長男に譲(ゆず)りました。しかしそのまま楽をしようとはせず、これから一心に学問をしようと思って江戸に出ました。忠敬はもともと天文・暦法が好きで、これまでも仕事のひまには少しずつ勉強をつづけて、その知識がかなり深くなっていました。江戸に出ると間もなく、高橋至時(よしとき)という天文学者をたずね、その精密な西洋暦法の話を聞いて大そう感心し、自分より十九も年下の至時の弟子になって、数年間倦(う)まずたゆまず勉強したので、同門中及ぶものがないほど学問が上達しました。

五十六歳の時、幕府の許(ゆるし)を受けて北海道の東南海岸を実地に測量し、地図を作ってさし出しました。その後、幕府の命で諸方の海陸を測量することになり、寒暑をいとわず遠方まで出かけて、とうとう七十二歳で日本全国の測量をすませました。それからもからだの自由がきかないようになるまでは、大中小三種の日本地図をつくることにつとめました。我が国の正しい位置や形状が始めて明らかになったのは全く忠敬の手柄です。

格言 精神一到何事カ成ラザラン。

(『尋常小学修身書 巻六』昭和二年発行)

[解説]伊能忠敬について

忠敬は、延享二年(1745)、上総国山辺郡小関村(現千葉県山武郡九十九里町)の名主、小関五郎左衛門家の末子として生まれ、十八歳の時、下総国香取郡佐原村(現千葉県香取市)で酒造業を営む伊能家の婿養子になりました。その当時、伊能家は長く当主不在の状態が続いていたため、家業が衰えてしまっていましたが、忠敬は倹約の徹底と商売の工夫とで再興を果たし、佐原村の名主、のちには村方後見として村のためにも力を尽くしました。天明の大飢饉の折には私財をなげうって窮民を救済したため、忠敬の村からは餓死者が一人も出ませんでした。

五十歳の時に隠居すると、翌年、江戸に出て幕府天文方であった高橋至時の弟子となって暦学や天文学を学びました。至時は忠敬よりも十九歳も年下です。当時、天文方では正確な暦をつくる作業が進められていましたが、そのためには、地球の大きさを知ることが必要でした。そこで忠敬は、至時の提案を受け、江戸と蝦夷地(えぞち)(北海道)との距離を測って、緯度一度分の子午線の長さを計算することにしました。そして、北方警固の必要があった蝦夷地の正確な地図を作るという名目で幕府から測量の許可を得ました。忠敬が五十六歳のときです。

忠敬はほとんどの費用を負担し、百八十日間に及ぶ測量を成し遂げました。その後、第四次測量までの成果をもとに、忠敬が計算した地球の大きさは、現在の測定値と比べて千分の一の誤差しかなく、非常に正確なものでした。また、それまでの測量をもとに作られた「日本東半部沿海地図」は将軍家斉(いえなり)の上覧を受け、幕閣から絶賛されて、忠敬は幕臣に取り立てられました。それから後、測量は幕府の直轄(ちょっかつ)事業として行われることになり、隊員の数も増えましたが、測量は第十次、忠敬が七十二歳の時まで続けられました。十七年間で忠敬が歩いた総距離は約四万キロメートル、地球一周分にもなります。その後、忠敬は地図の製作に努めましたが、その完成を見ることなく、七十四歳で生涯を閉じました。「大日本沿海輿地全図」が完成したのは、忠敬が亡くなってから三年後のことです。幕末のころ、この見事な地図を見た欧米人は、日本の技術と知識水準の高さに驚いたことでしょう。

今年は忠敬の歿後二百年にあたります。