令和元年12月号目次

目   次

巻頭言
有馬大将 ― 闇斎先生二百五十年祭(昭和七年)  …………………………平泉 澄
今月の課題  令和の時代の外交姿勢を考える   ……………………………… 永江太郎
最近の冷え込む日韓関係…………………………………………………………宇山 博
最新の国際情勢をどう読むか(下)   …………………………………………宮家邦彦
第四次安倍再改造内閣の意味するもの…………………………………………村上政俊
鵜飼錬斎の生涯 ― 山崎闇斎先生の高弟・徳川光圀公の史臣 ―  ………… 但野正弘
日本精神の深化に寄与した先哲遺文
竹内式部先生の 『奉公心得書』 ― 日本人として生きる道………………… 大貫大樹
祖父母が学んだ修身教科書(八) ………………………………………………沼田一美
講談 歌で綴る日本の歩み(十二) ― 日本流行歌の黎明 ― ……………   桜林美佐
万葉へのいざない………………………………………………………………… 松村太樹
井星英、川野克哉両先輩を偲ぶ………………………………………………… 永江太郎
十二月号巻頭言「大嘗祭の御告文」解説……………………………………… 市村真一
第六十九巻(平成三十一・令和元年)総目次