令和2年6月号目次

目   次

巻頭言
すべての混迷の原因(四)……………………………………………………平泉 澄
今月の課題  道徳心で試練を乗り越えよう …………………………………渡邊 毅
令和の御代替はりにみる戦後体制の諸問題   ………………………………飯田耕司
大嘗祭・立太子礼の再興と水戸義公
― 『大日本史』 の裏で進められた 『礼儀類典』 の編纂 ―  ……… 安見隆雄
F・ルーズベルトと第二次世界大戦を考える(下)
― 同時代を生きたアメリカの政治家の証言から ―  ……………………齋藤 仁
吉田松陰先生に学ぶ~「獄中の講義」から(九) ……… 『講孟劄記』 を読む会
飛び出す勇気を与えたい……………………………………………ナズマ・カトゥン
「乙巳の変」から学ぶこと……………………………………………………魚澤章人
『平家物語』・史実と伝承のブレンド感を味わう(Ⅵ)………………中田久実子
六月号巻頭言「国家あつての法」解説   ………………………………… 吉原恒雄