日本海海戦の歴史的意義

折戸善彦/退役海上自衛官

皆さんは、五月二十七日は海軍記念日だったのを知ってますか。この日は、日露戦争(正式名称:明治三十七・八年戦役)の日本海海戦が始まった日です。因(ちな)みに、奉天会戦が終わった三月十日が陸軍記念日です。

日清戦争(正式名称:明治二十七・八年戦役)後の三国干渉で、止む無く手放した遼東半島にロシアは陸海軍を配備します。更に、義和団の乱に乗じてロシアだけが撤兵せず満洲に部隊を増強し南下を企て、朝鮮をも併呑(へいどん)しようとします。この日露戦争に負ければ、我が国は滅び、日本はなくなっていたのです。その勝利を決定づけたのは、世界戦史上最大の陸上戦闘となった奉天会戦と対馬沖における日本海海戦の勝利でした。

明治三十八年(一九〇五)のこの日に、日本の生き残りを賭けた日露戦争の雌雄を決する日本海海戦が開始されました。時の連合艦隊司令長官は東郷平八郎大将です。露国バルチック艦隊司令長官ロジェストヴェンスキー中将の作戦方針は、軍港ウラジオストクに入港することで、日本海軍の制海権に脅威を与え、満洲に対する兵站(へいたん)補給線を遮断することにありました。

当時、石炭補給が常時必要となる大艦隊を、ヨーロッパから極東まで回航するのは前代未聞の難事でした。しかも回航途中で乃木希典大将率いる第三軍により旅順要塞は陥落し、頼みの旅順艦隊やウラジオストク艦隊も日本の手に落ちたことが分かります。

八月の黄海海戦、蔚山(うるさん)沖海戦での勝利で極東海域の制海権を得た日本側は、艦艇をいったんドッグ入りさせました。最大の問題は対馬海峡、津軽海峡、宗谷海峡のどこで迎え撃つかですが、宗谷海峡は遠過ぎて石炭補給の要があり、津軽海峡は機雷封鎖して対馬で迎え撃つこととして警戒網を敷き、訓練を重ねて待機しました。

運命の二十七日を迎えると風が出て波が高くなり、海面に霧が流れ始めました。波が高いのは、射撃能力に優る日本側の望むところですが、濃霧や豪雨では露国艦隊を発見できない恐れがあります。午前五時、「敵艦見ゆ」を受電します。この電文を見た作戦参謀秋山真之(さねゆき)中佐は「しめた、しめた」と後甲板で踊ったと言われます。大本営に向けて「敵艦見ユトノ警報ニ接シ、連合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天氣晴朗ナレドモ浪高シ」と打電します(電文後半は、秋山参謀が書き加えました)。

午後一時五十五分、東郷司令長官の命を受けた秋山参謀は旗艦三笠のメインマストに「Z旗」を掲揚させました。「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」との意味です。Z旗を見た各艦は、艦橋からの伝令と伝声管により全乗員に伝えました。

敵前八千メートルで戦艦三笠を先頭に左回頭(取舵一杯を命令)します。これを見た露国艦隊は射撃を開始します。肝が座ってないと、つい撃ってしまいますが、連合艦隊は射撃準備のまま待機して距離六千四百メートルで射撃に移ります。それも試射の弾着を修正して本射に入る方法で正確です。露国艦隊のようにテンデに撃ったのでは、どの砲の弾着か分からず修正ができません。こうして露国艦隊三十八隻の大半を撃沈又は捕獲して、ウラジオストク港に逃れ得たのは巡洋艦一隻、駆逐艦二隻で、我が方の損害は、水雷艇三隻のみという世界海戦史に残る完全勝利でした。未曾有(みぞう)の勝利を収めたことによりロシアは継戦意欲を失い、アメリカ大統領の仲介で米国ポーツマスにおいて日露講和条約が締結されました。

日本の勝利は、有色人種として蔑視(べっし)され、抑圧、蹂躙(じゅうりん)されていたアジア・アラブ諸国に希望を与え、独立の気運を促進しました。当時十六歳であったインドの独立運動家で後に初代首相となったネルーは、日本の勝利に血が逆流するほど歓喜し、インド独立のため命を捧げる決意をしたと自伝で述べ、また、「日本は勝ち、大国の列に加わる望みを遂げた。アジアの一国である日本の勝利は、アジア全ての国々に大きな影響を与えた。私は少年時代、どんなに感激したかをおまえによく話しておく」と子供に話したと伝えられています。

シナの革命運動の指導者であり中華民国の「建国の父」と仰がれている孫文も、「これは、アジア人の欧州人に対する最初の勝利であった。この日本の勝利は全アジアに影響を及ぼし、アジアの民族は極めて大きな希望を抱くに至った」と述べています。