「新嘗祭」 祝日の意義を考える

清水 節/金沢工業大学准教授

十一月二十三日は「勤労感謝の日」とされています。皆さんにとっては、家族のために一所懸命働いてくれる父母に感謝する日という印象が強いのではないかと思います。では、なぜ十一月二十三日にそうした祝日があるのでしょうか。

この日はもともと「新嘗祭(にいなめさい)」の日として、戦前の日本では祭日4 4 に定められていました。新嘗祭とは、その年の秋に穀物(稲)を収穫できたことに対して、神様に感謝の気持ちを捧げる神事です。新嘗祭の歴史は大変古く、そのルーツは『古事記』や『日本書紀』の神話にまで遡(さかのぼ)ります。そこでは、天照大御神(あまてらすおおみかみ)という神様自らが稲作を行い、収穫の後に感謝の心を捧げるお祭りを行っていたことが描かれています。

古代において、宮中で新嘗祭が行われていたことは、神祇令(じんぎりょう)や延喜式(えんぎしき)などから、うかがい知ることができます。また新嘗祭は、天皇、貴族らの間だけでなく、一般庶民の間でも行われていたことが、『万葉集』に収められている歌や、『常陸国風土記(ひたちのくにふどき』の記録に残されています。宮中における新嘗祭は、戦国時代に一時中断されましたが、近世に入って桜町天皇によって再興され、現在にまで続いています。明治以前には、十一月下卯日(しものうのひ)(下旬頃)に行われていましたが、明治六年に太陽暦が採用され、その時期に該当する十一月二十三日に固定されました。

私たち日本人は、古い時代から稲と深い繋(つな)がりをもって、生活や文化を築いてきました。神話には、稲が日本の成り立ちと深く関わっていることが示されています。天上界である高天原(たかまのはら)を治められていた天照大御神は、地上の葦原中国(あしはらのなかつくに)(日本)に降りて行かれる孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に対して稲を授けられ、これで子孫を養うよう命じられました(斎庭稲穂(ゆにわのいなほ)の神勅)。つまり、日本人にとって稲は、神様から借り受けた「命の根」であるということです。さらに天照大御神は瓊瓊杵尊に対し、葦原中国(日本)が永久に天照大御神の子孫がシラス(治める)国であるとの神勅(しんちょく)(天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅)と、さらに「私だと思って祀(まつ)りなさい」と鏡( 八咫鏡(やたのかがみ))を授けられました。新嘗祭には、この物語の精神がしっかりと受け継がれています。

現在、新嘗祭は、皇居内にある神嘉殿(しんかでん)という神殿において、天皇陛下自らが執(と)り行われます。新穀をお供えになり、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を神々に感謝され、国家と国民の平安を祈られます。そして、お供えものを天皇陛下自らも召し上がります。また、八咫鏡を安置し、天照大御神をご祭神とする神宮(伊勢)では、新嘗祭に先立ち、神嘗祭(かんなめさい) が行われ、新穀の収穫に対する感謝の祈りが捧げられます。皆さんが住んでいる地域の神社でも、新嘗祭が行われ、地元の氏子たちが集います。

このように、天皇陛下が新嘗祭を自ら執り行われるのは、ご祖先の天照大御神の神勅に沿って、稲の豊かな稔りによって、国家国民が繁栄し、穏やかに過ごすことを祈願され、同時に豊作を感謝するとともに、ご祖先に報告されているのです。そして新嘗祭では、天皇と国民が一体となって祈りを捧げ、神々や祖先と繋がっているのです。神話に遡るほど古い時代からその精神が連綿と継承され、今日においても体現できているというのは、日本という国のありかたや、文化の特質を表していると言ってよいでしょう。

科学技術が高度に発達し、流通のシステムが整備された現代の社会では、お金を払えば何不自由なくご飯を食べられますが、その食材となる植物や動物の命を生み育てた根源にあるもの(自然、神々)や、それを作った人々や祖先の努力に対する感謝の念を持ちにくくなっています。私たち日本人の祖先は、そうした天地万物がもたらす恩恵に対して感謝する気持ちを太古より大事にしてきました。私たちは、元来どのような価値を大事にしてきたのか、新嘗祭は、そうした日本人の精神の原型を再確認し、次の世代へ継承していこうとする機会でもあるのです。

今日、新嘗祭が「勤労感謝の日」となっているのは、終戦後の占領改革による影響です。GHQは、天皇と国民の接点となる祝祭日の存在を危険視していました。そこで、他国と比べて厳しい「政教分離」原則を日本に導入することで、祭日を廃止し、皇室祭祀との公的関係を無くしたのです。新嘗祭以外には、現在の元日・建国記念の日・春分の日・秋分の日・文化の日・天皇誕生日は、それぞれ戦前には、元始祭・紀元節・春季皇霊祭・秋季皇霊祭・明治節・天長節とされていました。名称は変わりましたが、なぜその祝日がその日付にあるのかに注目して、元来の意義を理解することが、日本の歴史や文化の特質を理解するうえで重要なのです。